デリシャス玄米デリシャス玄米HOME

プロフィール

どんな人が作ってますか?

こんな人が作っています

Q.このサイトの管理人の名前は何ですか?
A.玄助(げんすけ)です。ハンドルネームです。玄米について知り、情報を紹介していくことで、人様と自分を助けたい、という願いを込めています。玄米が大好きな人たちと情報を共有できればいいなと思っています。このサイトを立ち上げるにあたり、ハンドルネームをあれこれ考えて悩んだのですが、結局この名前に落ち着きました。犬の名前に間違われることをとても気にしています。

Q.このサイトの管理人はどんな人ですか?
A.30代の会社員、男性です。くち下手で電話嫌いなので、外回り営業には全く向いていません。入社してからずっと内勤のデスクワークです。メールを書くことが好きです。メールを打ち始めるとついつい夢中になって長いメールになってしまうのが欠点です。机の上は整理整頓を心がけていますが、気を抜くと書類がすぐに山のようになってしまいます。

Q.このサイトの管理人は、このサイトをいつ更新していますか?
A.仕事で夜遅くに家に帰ってくるので、夕食を済ませた後から就寝までのわずかな時間を使ってちまちま更新しています。残業が多く、平日は十分な時間が取れません。夕食後にパソコンに向かうことは、昼間の疲れと夕食の満腹感から来る睡魔との戦いですが、いつも負けてばかりで自己嫌悪に陥っています。自分の思っていることを文章にうまく表現できず、悔しい思いばかりしています。自分の書いた文章には納得がいかないことばかりです。休日を丸一日つぶして文章を練り直すこともあります。

Q.どうしてこのサイトを作ったのですか?
A.人に勧められたからです。ネットで情報を公開すれば、親切な人が間違いを教えてくれることもある、と聞きました。うまくいけば情報がどんどん集まってくる、とも言われました。使命感のような強い意志は持っていませんが、私のすることが少しでも世の中にお役に立てたらいいな、という程度の気持ちはあります。私がこれまで集めてきた情報はわずかですが、どんどん公開していきたいと思っています。

Q.玄米について本当はどう思っていますか?
A.正直に言います。玄米は白米に比べて値段が高すぎることに不満を持っています。このまま日本人のコメ離れが進むと、玄米の価格はさらに高くなり、私たち庶民が食べることができなくなるのでは?という不安を感じています。

Q.趣味はなんですか?
A.玄米について調べることです。今まで自分が知らなかったことを知ることが楽しいですね。その他の趣味は、音楽鑑賞、映画鑑賞、サッカー観戦、野球観戦、旅行、読書です。

Q.このサイトの管理人は玄米以外に何に関心がありますか?
A.エコロジーに関心があります。省電力形電球を使い、節水シャワーを使い、マイバッグで買い物したり、などなど。できることから少しずつエコライフを始めています。

Q.このサイトの管理人はどんな性格ですか?
A.自分ではそうだと思わないのですが、友人からは地味な性格だと言われます。実は目立ちたがり屋ですが、人前に出ることは苦手です。不器用でもコツコツと努力すれば必ず報われると信じています。

Q.このサイトの管理人の血液型は何ですか?
A.A型です。A型は、几帳面と言われています。

Q.このサイトの管理人の六星占術は何ですか?
A.木星人(−)です。木星人は、努力家と言われています。

Q.このサイトの管理人はどんな小学生でしたか?
A.体が弱く病気がちでした。運動会のマラソンでビリになり、泣きながらゴールしました。

Q.このサイトの管理人はどんな中学生でしたか?
A.自分を変えようと、フォークギターに挑戦しました。コードのFの壁は、努力でなんとかクリアできたのですが、アルペジオ奏法が苦手で挫折しています。松山千春、さだまさし、オフコースが好きでした。

Q.このサイトの管理人はどんな高校生でしたか?
A.学業との両立ができず、部活は1年でやめています。家で音楽ばかり聴いていました。音楽は特に、安全地帯が好きでした。

Q.体調を崩したことはありますか?
A.崩しかけたことがあります。まず、熟睡できなくなりました。朝起きても体の疲れが取れずにボーっとした状態が続くのです。定時出社ができない日が増えました。夜は眠くならず、食べてばかりいました。悪循環です。職場では、ひどい肩こりに悩まされていました。自分がイヤになり、精神的に落ち込む毎日でした。症状は比較的軽い方だったかもしれません。しかし、それまで病気知らずだった私が初めて体験した長期の体調不良は衝撃的でした。もし、あのまま不摂生を続けていたら…。この先は考えたくありません。

Q.いま健康ですか?
A.05年4月に玄米食によるダイエットを知り、週末だけ玄米を食べる生活を始めました。しばらくしてから体重の上昇はピタッと止まりました。それから現在まで、体重はピーク時の76キロを超えていません。現在の体重は、増えたり減ったりしていますが、長期的に見るとゆっくりと減ってきています。玄米を食べるだけで体重が減ったり、健康が回復したわけではなく、玄米を食べ始めたことで健康に対する自分の意識が変わり、暴飲暴食に気をつけるようになって、結果的に食生活の改善につながったと思っています。

Q.玄米はどのように炊いていますか?
A.玄米食を始めて最初の1年くらいは、あえてガスで炊いていました。ガス炊きの米はおいしいと聞いたからです。ステンレス製の片手鍋に入れてガスコンロで炊いて食べていました。電子炊飯器で炊くことと比べて手間がかかるのですが、鍋のふたがガラス製で、玄米がだんだん炊き上がってくる様子が見えるのがおもしろかったのです。玄米がしっかり炊けると、小さな穴がたくさんできます。これは「かにの穴」というそうです。最近は電子炊飯器で炊くことが多いです。

Q.玄米やお米に関する資格を持っていますか?
A.持っていません。偉そうなことは言えませんが、玄米をきっかけとしてリバウンドを防止することができた体験を持っています。05年4月から、体重は76キロを超えていません。理想の体型を取り戻し、健康になりたいと心から願っています。

Q.座右の銘は何ですか?
A.努力、誠実、信頼 です。

Q.このサイトの管理人から読者のみなさんにメッセージはありますか?
A.不器用で地味な私ですが、末永くお付き合いして頂けますよう、どうぞよろしくお願いします。

こんな気持ちで作っています

このサイトでは偏った考え方を避け、中立の立場を取って、できるだけ正確な情報を提供することを心がけます。しかしながら、個人ひとりの力だけでは情報の検証にかける時間が不足しがちで、情報が誤っている場合があると思っています。常にベストを尽くすよう努力していますが、万が一当サイトの情報に誤りや不備があった場合は、お手数ですが管理者までご連絡いただければ幸いです。

↑ページトップへ