デリシャス玄米デリシャス玄米HOME

胚芽精米

胚芽精米とは何ですか?

胚芽精米は、玄米からぬかだけを取り除いて胚芽だけを残した米のことです。

どんな特徴がありますか?

胚芽精米は消化がよく、クセが少ないのが特徴です。玄米は食べにくいという人のために考え出されたお米です。

どんな栄養が含まれていますか?

胚芽には、ビタミンB1とビタミンEが多く含まれているため、健康食品として注目されています。

具体的にはどのような栄養が含まれていますか?

玄米胚芽精米には、以下の栄養が含まれています。

どのように精米していますか?

特殊な精米機を使い、米の胚芽部分がきちんと残るように精米します。胚芽部分を残すには、熟練の技が必要だともいわれています。

ぬかだけを取れば胚芽精米なのですか?

胚芽精米には厳しい基準があります。以下の全ての基準を満たさなければ、胚芽精米ではありません。

胚芽精米を上手に炊くコツはありますか?

・洗い方
水でさっと流してください。(無洗米と同じように扱ってください)
精白米のようにゴシゴシ洗うと、栄養豊富な胚芽部分が落ちたり、ビタミンB群(水溶性ビタミン)が流れてしまうので注意してください。

・水加減
精白米の場合より少し多めにしてください。

・給水時間
水に1時間以上浸してください。
ぬるま湯(30〜40度程度)に1時間程度浸すと、ギャバが増えるといわれています。

・蒸らし
充分に蒸らした後、よくほぐしてください。余分な蒸気をしっかり飛ばすのがおいしさのコツです。

保存はどうすれば?

胚芽精米は精白米より酸化が早いという特徴があります。湿気を避けて、冷蔵庫などの冷暗所で保存してください。


スポンサードリンク

↑ページトップへ